Diario De Yaka

Dame ramen y dime tonto.

日記#57 エルドラド空港のロゴ 2020/08/31

・ボゴタのエルドラド空港のロゴが自動車会社のロゴみたいだと思った話。

 

画像3

どうですか?少しでもそうだと思った方はいいねお願いします。

・自動車会社の工場やらディーラーの看板と比べても違和感ない。

画像1

どうですか?少しでも似てると思ったらリツイートお願いします。

・空港とか航空会社のロゴって当然だが「風」とか「空」を意識したようなデザインが多い。セントレアはいい例だ。文字のフォントと傾き、上の「ヒョロっ」とした線のおかげで一発で空港だとわかる。

画像2

それに比べてエルドラドはどうだ。

画像8

横幅の広いどっしりとしたフォント。そして全部大文字。めちゃくちゃ偉そうな感じが出ている。

・でもまあエルドラドは「黄金」という意味なので、多少偉そうでもいいのかもしれない。海外旅行者にナメられないように、国の玄関にはこれぐらい威圧感が必要だ。

 

・ちなみに我らが成田国際空港のロゴがこちら。

画像4

青基調で斜めに線が走る感じはまさに空港。

「Connecting Japan to the World」という標語には正直哀愁の感を禁じ得ない。アジアハブ空港競争に敗れし者の遠吠えだ。

「日本と世界をつなげる」だと???お前のハブ空港としてのプライドはどこへ行ったんだ???日本などというセコいことを言わずに「アジア」と言え!!「世界とアジアをつなげる」と!!「俺がアジアの玄関口だ」と言え!!!そう言ってくれよ..... 頼むよ.....

.... うう

 

一方の仁川空港は

画像9

圧倒的勝者の余裕がある。

 

・もし成田がハブ空港争いに勝利していれば、今頃こんな感じのロゴになっていたはずだ。

画像7

画像7

画像6

 

・テレビで「ウイルスが収まったらどこに旅行へ行きたいか。」とかいうふざけたテーマで視聴者から投稿を募っていた。そんなもの誰が見たいんだ。投稿する奴はサイコパスに違いない。

・「収まったらみんなで飲みに行きたいね〜」「早く会いたいね〜」「旅行に行きたいね〜」みたいな話は初期の頃にはよく聞いたが、今では誰も言わなくなった。そういう希望的な考えや期待が全く助けにならないことに気づいたからだ。あるかわからん将来に期待するほど残酷なことはない。

期待がなければ落ち込まないし、考えなければ感情はない。

私は来月のことも明日のことも、昨日のことも一切、全く、一ミリも、微塵も、絶対に考えることなく、「いま」だけに集中して生きている。

(かっこいいぢゃん...)

 

 

暦の上では明日から学校なのでね。季節の挨拶ということで、憂鬱な日記を書きました。

明日からは元気モリモリポジティブバイブスオンリーなダイアリーを書きます。

2020年8月31日